ドライアイ治療・アレルギー性結膜炎 涙の量が少しずつ増えてきました

ドライアイ治療・アレルギー性結膜炎治療 涙の量が少しずつ増え
ドライアイとアレルギー性結膜炎の治療を始めて2ヶ月 瞼の腫れとゴロゴロ感が緩和されてきました
ドライアイとアレルギー性結膜炎の治療を始めて約2カ月。
毎日目薬をさして様子を見ていますが、治療前に比べるとまぶたの腫れとゴロゴロ感が少しずつ緩和されてきたような感じがします。
今も目薬をさしていても、乾燥するときには目がゴロゴロしたり、かゆみが出たりすることもありますが前に比べるとだいぶ良くなりました。
今回は約1ヶ月ぶりの診察です。



スポンサーリンク


ドライアイ治療・アレルギー性結膜炎治療 涙の量が少しずつ増え
ドライアイ治療薬の目薬を1ヶ月使用 涙の量が増えているようです
前回はアレルギー性結膜炎の経過を診てもらい、症状がよくなっていたのでドライアイ治療薬の目薬を併せて処方してもらいました。
アレルギー性結膜炎の目薬は暖かい時期にはさしていたほうがいいでしょうとのことで、9月くらいまで引き続き目薬を使っていくようです。
そして、1ヶ月前から使うようになったドライアイ治療薬の目薬は、今回診てもらった結果涙の量が少し改善されていたようなので、これからも同じ目薬をさして様子をみることにしました。
先生によると、これからまだ涙の量は増えてくると思いますよ、とのことだったので、これからの経過が少し楽しみな気もします。

ドライアイ治療・アレルギー性結膜炎治療 涙の量が少しずつ増え
ドライアイとアレルギー性結膜炎 これからも様子をみていきます
日中、目の乾きが気になることがしばしばあり、1日4回さすようにとのことですが、1日6回まではいいですよとのことなので、こちらについてもちょっと嬉しいです。
目が乾燥するとまぶたの腫れやかゆみが出ることもあり、ドライアイ治療薬の目薬を使いたいけどいいのかな?と使うのを控えていたので、これからは今までより少し多めに使うことができます。
目薬は使いすぎると逆効果になってしまうこともあるようなので気をつけたいです。
ドライアイ治療薬の目薬はまだ使い始めて1ヶ月なので、これからどの程度改善していくか分かりませんが処方してもらった目薬をきちんとさして様子をみていきたいと思います。


ロフトネットストア明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)【PC・携帯共通】
ジャパネットたかた メディアミックスショッピングDHCオンラインショップDHCオンラインショップ
期間限定、続々登場の送料無料アイテム♪ベビーザらス オンラインストア

↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました