外付けHDDが壊れた!USBポートが壊れても大丈夫、新しいHDDケースに入れ替え・交換で解決

在宅ワーク・ネット

お名前.com

パソコンのデータを保存するのに便利なモバイルタイプ(外付け)のHDD。
USBに繋いで簡単に使えて便利ですが、ちょっとしたことで壊れることもあります。

外付けHDDをパソコンに繋いだまま数日、ふと見てみると外付けHDDのUSBポートがケーブルに繋がったまま中からズルリと出てむき出しになっています。

USBポートがケーブルに繋がったまま外に出てしまっているのでまずはケーブルを外せないかと触っていると、USBポートの部品がポロリと取れてしまいました・・・。

USBポートがない状態ではパソコンと接続できないので、中のデータを見ることができなくなってしまいました。

何とかデータだけでも取り出したいといろいろ方法を探してみました。

結果、HDDケースを交換する、という方法にたどり着きました。

ここでは、初めてHDDケースを交換したときのことを含め、外付けHDDケースの交換と実際に使ってみたおすすめのHDDケースについてご紹介していきたいと思います。

初めてのHDDケース交換で心配な方、使いやすいHDDケースをお探しの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ケースが壊れてもハードディスクが無事なら続けて使える


142C6607-70CC-4A56-B60B-264EC204E934.jpeg
こちらが取れてしまったUSBポートの部品です。

便利なアイテムを手に入れた!とデータをたくさん移行して「良かった」と安心していたのもつかの間、HDDケースのUSB接続部分を壊してしまい、「どうしたら良いのか・・・」と焦ってしまいました。

中には大事な写真データが入っています。

そんな大事なHDDをきちんとしまっておかなかったことを後悔です。

何とか復活できないか、慌てて調べました。

はんだ付けしないといけないのか、もっと簡単に直せる方法はないか・・・

事態に気づいて1時間半、

「外付けHDDケースに入れ替える」

という方法を知り、何とか「データを取り出せなくなる」という事態を回避してホッと一安心。
慌てて家電量販店へ出向き、HDDケースを購入。

何とか中のデータを見ることができました。

ハードディスク自体が無事なら、ケースを交換することでまたデータを見ることができるということを初めて知りました。

これも経験、ですがやはり大切に扱わないとな・・・と思った出来事でした。

そんな体験から外付けHDDのケース交換についてご紹介していきたいと思います。

外付けのモバイルHDDはケース交換できる

使い始めてまだ1か月ほどしか経っていない時期にUSB接続部分を壊してしまいパソコンと接続できなくなってしまったので、中身はもう見れないのか、ととてもショックを受けました。

ですが、ケース交換をすることで続けて使えるんですね。

本当にHDDケースの交換で使えるようになる?

とはいえ、初めて購入したので本当にケース交換なんてできるのか?と思いよくよく調べてみると・・・

「HDD本体をケースに入れ替えることでHDDの機能が復活する」ということが分かり納得しました。

それまで、HDD本体とケースが実は別になっているということを知らなかったので、HDD本体を取り出すことができれば新しいケースに入れ替えることができます。

外付けHDDはUSBポートが壊れてもケース交換することで再び外付けHDDとして使えることが分かり、とても安心しました。

外付けHDDケースはネット・家電量販店で購入できる

そうなると、HDDケースの平均的な価格帯を調べて近くの家電ショップで取り扱っているかを調べて、すぐHDDケースを買いに走るのみです。

HDDケースは、Amazon楽天市場などでも購入できますが、急いでいるときは家電量販店に直接買いに行く方が良いですね。

普段はいろんなことを決めたり購入するときはよくよく考えたり、少し時間を置いたりするのですが、データが見られなくなるかもと心配だったこのときはとてもスピーディーに動き回りました。

HDDケースを購入してすぐケースを交換して何とかHDDを使えるようになり、データも無事で一安心。

「経験しないと分からないこと」だと思いつつも、復活できなかったら・・・と考えると「大事にしなきゃ」と思った一件でした。

【おすすめ】センチュリーの2.5インチモバイルHDDケース


センチュリー MOBILE BOX USB3.0接続 SATA6G CMB25U3BK6G ブラック/グレー

実際に購入したHDDケースはセンチュリーの2.5インチモバイルHDDケース
USB3.0、2.0の両方に対応しています。
コストも使いやすさもバランスの良いモバイルHDDケースです。

こちらのHDDケースの魅力は、工具不要でHDDを交換できること。

裏のスイッチを外すだけでケースを開けられるので、簡単にHDDの交換ができました。

カラーは上記のブラック、シルバークリームブルーがあります。

8DEB07BC-07BA-48A6-8995-ACD680C1B98E.jpeg

実際に購入したセンチュリーのHDDケースです。

60B18C64-555F-44CD-9D4C-0265B22751B2.jpeg

工具不要で買ってすぐに使えるのがいいですね。
背面のロックで簡単にケースを開けられるので使いやすいです。

36950C47-7327-47F0-8602-8C826A84C061.jpeg

USBケーブルを収納できるので使ったらコンパクトに収納できるのがいいですね。
使ったらケーブルをすぐに収納しておくようにしたいと思います。

31CD0EFE-B9A5-4512-8E6F-9EE9A66ED8AA.jpeg

USBケーブルを収納した状態です。
ケーブルが邪魔にならずコンパクトに持ち運びできます。

09CFD991-A545-4DDF-8A4D-E1543B2AF02D.jpeg

USBケーブルにはツメがついているので取り出しやすくなっています。
店頭購入時は1800円くらいでしたが、ネットではもう少し安価で購入できるかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

外付けHDDケース交換の手順例

HDDケースの交換はまず、「元のHDDケースを開けること」から始まりました。

この「HDDケースを開ける」作業ですが、ケースのツメがしっかりかみ合っていたため意外に時間がかかってしまいました。

ですが、ケースを開けたら後は簡単でした。

ここでは、外付けHDDのケース交換の手順を見てみたいと思います。

手順1.HDDのケース交換の準備

91F60C1D-0C5B-419B-AD5D-71F7531E584C.jpeg
HDDケースを開けるとこんな感じです。まずはケースを外す作業から始まります。

HDD本体が無事な場合はケース交換でデータ復帰できるということが分かったところで、まずはケース交換の準備に入ります。

外付けHDDのケースを無理くりこじ開けて中のHDDを取り出す作業から始まります。

見るからに全く開かなそうな外付けのモバイルHDDのケース。

これをまず開ける作業から始めます。

まずはモバイルHDDのケースを開ける作業から

HDD本体は無事なので、まずはHDD本体を取り出します。

本当に大丈夫?中のHDDは無事に取り出せる?と初めての作業にドギマギしながらケースをゆっくりこじ開けていきます。

開けてみるとHDD本体とHDDケースは別になっており、USBポートはケース側についているので、USBポートが壊れてもケースを交換すればOKということがはっきり分かりました。

HDD本体を取り出すためにマイナスドライバーでケースの側面から慎重に隙間を作り、少しずつケースを外していきます。

少しずつ、強い力を加えてHDD本体を壊さないように気をつけてケースからHDD本体を取り出します。

手順2.モバイルHDDのケースからHDD本体を取り出し

91F60C1D-0C5B-419B-AD5D-71F7531E584C.jpeg
HDDケースを開けた状態のモバイルHDDです。

ケースを開けることができました。

ケースはツメでしっかり固定されていますが、少しずつ開けていくとケースを開くことができます。

※メーカーによって作りが異なる場合もあるので製品に合わせた方法を取ってください。

HDD本体を取り出し

228DFB29-C6EA-4DCF-95C3-4C8090B33AD0.jpeg
ケースからゆっくり外してHDD本体とケースを分けることができました。
あとは新しいHDDケースに移すだけです。

手順3.新しいHDDケースを用意、HDD本体を入れ替え

8DEB07BC-07BA-48A6-8995-ACD680C1B98E.jpeg
新しいHDDケースはセンチュリーのHDDケース
入れ替え後はこんな感じになりました。

7E21F537-1268-48E3-9C63-5E11828C3324.jpeg
2.5インチHDD用のケースを購入しました。
USB3.0、2.0の両方に対応しています。

3ED7BDAD-2A25-4F82-BC77-C580D070FA33.jpeg
入れ替え後の部品はこんな感じで前のHDDケースと部品が残りました。

CD048F1A-8494-49F7-9FC1-825E0CD3BE37.jpeg
HDDには元々ケースのUSBと接続する部品が取り付けられていて一見外せないように見えますが、HDDケースから外した後、ゆっくり引き抜くと外せます。
取り外すとこんな部品でした。

06B9DA96-60E2-446A-8C4A-0D3A2970EDD6.jpeg
HDDと接続されていた面です。
この部分とHDDを繋ぐことでモバイルHDDとしてUSB接続ができる仕組みになっているんですね。

ケーブルで接続するものもあるので、パソコンとHDDをケーブルで直接繋いで使う方法もあります。

9244812E-AD2D-49CD-8FBB-ACD011B8E456.jpeg
HDDケースのUSBポートがついていた部分です。
部品が取れてしまうとこの部分がむき出しになりUSBケーブルでの接続ができなくなります。
部品が取れた時、ケースのUSBポートの穴から見えました。

このような基盤と繋がっているんですね。

初めてHDDケースを交換しましたが、中身がどうなっているのかを知ることができたのは良かったかなぁと思います。

まとめ

モバイルHDDはデータの保存にとても便利なアイテムで、特に軽量で持ち運びしやすい、といった点が大きな特徴ですが、パソコンに繋いだケーブルを引っ張ってしまったり、接続したままパソコンを移動したり・・・といったことは避けた方が良いですね。

USBケーブルの接続部分が壊れてしまうと中身が見られなくなると思っていましたが、ハードディスクが壊れていない場合はケース交換で対応できることが分かり、いろんな意味で勉強になりました。

初めてHDDケースを交換したので、初めは無事にできるかと心配でしたが実際にやってみるととても簡単で、やってみないと分からないこともありますね。

ハードディスクはとてもデリケートな機器なので、これからは気を付けて取り扱っていきたいと思います。


↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました