一戸建ての賃貸は住みやすい?メリット、デメリット|実際に住んで実感したこと

キッチン 賃貸戸建て・マンション購入

賃貸物件の中には戸建て物件があることをご存じの方も多いと思います。

今まで賃貸マンションに住んできたけど、賃貸でも戸建てに住めるならぜひ住んでみたい!だけど実際はどうなの?とメリット、デメリットが気になる方も多いと思います。

ここでは、賃貸の戸建て物件を選ぶメリット・デメリットを実際に住んでみた感想を含めてご紹介したいと思います。

購入ではなく賃貸で戸建てに住むメリットとデメリット

リビングダイニング2人掛けのテーブル

賃貸の戸建て物件というと気軽に戸建て物件を借りることができるので嬉しい!と思うところですが、良い面ばかりではなくメリット・デメリット面があります。

賃貸で戸建てに住むメリット

メンテナンスは管理会社に連絡するだけでOK

玄関ドアやキッチンの換気扇の不具合など、住んでいると設備に不具合が起こることも多々あります。

そんな時も賃貸の場合は、管理会社に連絡すると設備の修復はオーナーさんが負担してきちんと整備してくれるので安心感があります。

固定資産税などの税金がかからない

税金面では、固定資産税がかからないといったメリットがあります。

引っ越したい時期に引っ越しができる

戸建て物件を購入後、引っ越すとなると売却→引っ越しという流れになり希望時期に引っ越しができないこともありますが、賃貸の場合は自分が引っ越ししたいタイミングでいつでも引っ越しができます。

困ったときに管理会社に相談して解決できる

家の設備で不具合がある、近隣の騒音が気になる、自宅周りで気になることがある、など困ったときには管理会社に相談して解決することができるのもメリットですね。

購入の場合だとどこに相談したらよいか分からないということもあるので、相談しやすい環境があるのは大きなメリットになります。

賃貸で戸建てに住むデメリット

住宅ローン控除といった税金の優遇を受けられない

賃貸の戸建て物件では税金面では固定資産税の支払いが不要というメリットがありましたが、購入の場合は「住宅ローン控除」の税金の優遇があります。

賃貸の場合はローンを組んでいないので住宅ローン減税の優遇は受けられないという面があります。

家賃を払い続けても資産性はない

購入の場合は毎月の支払いを行い資産として購入物件を保持することができますが、賃貸の場合は家賃を家主さん(オーナーさん)に支払うだけで、手元に物件が残るわけではないので資産性はないという面があります。

勝手に設備を変えたり新しく取り付けることができない

戸建て物件でも賃貸物件の場合は、勝手に設備を新しく取り替えたり、建物に大きなダメージを与えるような工事を加えることはできません。

気になる点がある場合は管理会社に相談してオーナーさんの判断に委ねられる部分もあるため、購入した戸建て物件よりも自由度は低くなる傾向があります。

退去時に修繕費用がどのくらいかかるか気になる

賃貸の戸建て物件では、ガーデニングができるお庭がついていたり、お部屋も少し広くゆとりをもった間取りになっている、設備も大きく充実しているといった特徴がありますが、使い方によっては退去時の費用がどのくらいかかるかが気になることもあります。

これは自身も気になるところなのですが、通常の使用範囲内であれば賃貸マンションと同様かと思いますが、使用状況によっては費用がかかることもあるので気を付けたいですね。

賃貸マンションと比較した賃貸の戸建てのメリットとデメリット

リビングダイニングキッチン(LDK)

賃貸マンションと戸建ての賃貸では主にどのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。

実際にはこのようなメリット・デメリットがあります。

賃貸マンションと比較した戸建て賃貸のメリット

騒音トラブルになりにくい

賃貸マンションでは、足音や子どもがソファなどからジャンプした時の音が上下左右へ響いていないか気になり気を遣っている、という方も多いと思いますが、賃貸の戸建て物件では上下左右への騒音トラブルが起きにくいというメリットがあります。

お庭がついてくる

賃貸の戸建て物件ではお庭がついていることがあり、ガーデニングやお子さんのプール遊びなどを楽しむことができます。

駐車スペースがすぐ前にある、駐車場代がかからない

賃貸の戸建て物件では駐車スペースつきで、駐車場代が家賃に含まれていることが多いです。

車を降りたらすぐ玄関に荷物を運ぶことができるのでとても便利でありがたいです。

窓が多く採光をとりやすい

賃貸マンションでは左右に他の居住者がいると窓がついていない場合もあり、窓がついていても窓が小さかったりと、採光が取りにくいこともあります。

戸建て物件の場合は、どの居室にも窓があることが多く採光を取りやすいといった面があります。

賃貸マンションに比べて専有部分・お部屋が広い

やはり一戸建ての賃貸物件の大きなポイントとしては、駐車スペースやお庭といった専有部分や、居住部分もリビングを除き1部屋6畳以上あるところが多くゆとりのある間取りが特徴です。

こういったゆとりのある空間をもてる、ということから賃貸の戸建て物件からマイホームの購入を検討される方も多いかもしれません。

賃貸マンションと比較した戸建て賃貸のデメリット

お庭のお手入れなど手入れが必要な部分が多い

ガーデニングができるお庭や駐車スペースといった専用部分など、ゆとりのある空間が魅力ですが、雑草を取り除いたり、きれいに維持するためのお手入れも必要になります。

マンションに比べ寒さを感じやすい

実際に住んでみると、マンションに住んでいたときは冬でも家の中であまり寒さを感じることはありませんでしたが、一戸建ての賃貸物件に住んでからは玄関先やトイレ、洗面所などで寒さを感じやすくなりました。

そのため、セラミックヒーターを購入し、トイレと洗面所の間に設置して寒さ対策をしています。

防犯対策が気になる

賃貸マンションではオートロックや防犯カメラなど、共有部分に防犯システムがあり安心感がありますが、戸建ての賃貸物件では防犯カメラといったシステムはついていないことがほとんどです。

もし防犯面が気になる場合は、自身で防犯カメラを設置する、防犯フィルムを貼るといった方法もありますが、警備会社と契約したり、壁に穴を開けるような工事やフィルムを勝手に貼ることは契約違反になる可能性もあるため、一度管理会社に相談してみることが必要です。

【防犯対策におすすめのネットワークカメラ「Tapo」】

警備会社との契約や建物に穴を開けるなどの工事をすることなく、手軽に自宅の見守りしたい方におすすめなのがネットワークカメラです。

wi-fi環境があればどこでも設置可能で、スマホから自宅の様子を確認することもできます。

動体検知機能もついているので、自宅で何か動きを検知するとスマホに通知してくれるので防犯対策におすすめです。

実際に使ってみたおすすめのネットワークカメラが「Tapo」です。

AmazonのAlexaとも連携しているので、Alexaの画面でカメラの映像を見ることもできます。

360℃首振り機能がついているので自宅の見守りやお留守番中のペットの様子を見たいときにも活躍してくれます。

実際に実家への帰省時や介護中のワンちゃんのみまもりでも活躍してくれたので、とても重宝しています。

ガーデニングなどを楽しめる反面、退去時の荷物の整理に手間がかかる

戸建ての賃貸物件ではお庭でガーデニングや家庭菜園を楽しむこともできますが、いろいろと荷物が増えると退去時に荷物の整理が大変・・・という状態になることも。

賃貸物件なので、引っ越しのときを考えておくことも大切なポイントですね。

賃貸戸建ての実際の設備

戸建ての賃貸では、マンションと設備が大きく違うのかというと大きく変わることはありません。

賃貸マンションも戸建て物件も快適に過ごせる設備が整っているのは同じです。

ですが、実際に住んでみて賃貸マンションと違うと感じた点はこのような点があります。

  • 玄関ドアが大きく、玄関スペース、玄関ポーチが広い。
  • 屋外に電灯がある。
  • キッチンスペースが広い。
  • バスルームが広い。
  • 洗面台が大きい。
  • 1部屋の広さが6畳以上。

賃貸マンションでも設備面では不十分に感じたことはありませんが、マンションと比べて1つ1つの設備が少し大きめでゆとりのある空間となっています。

キッチンスペースは据え置きタイプの食洗器を置くスペースもあったので、設置するまでは空間が狭くならないか心配でしたが設置してみるとキッチンにしっかり収まって快適に使っています。

また、先ほどもお話したようにリビングを除いた1部屋の広さが6畳以上あるので、1部屋の空間にもゆとりがあるのも実際に住んでみて良かったポイントです。

設備面では全体的にゆとりのある仕様になっている点が大きな特徴かと思います。

一戸建ての賃貸に住む場合の注意点

家の書類

一戸建ての賃貸に住む場合の注意点としては主にこのような点があります。

  • 大きめの家具を購入する場合は住み替え後のことを想定しておく。
  • 深夜帯の騒音、過度に大きな足音や生活音には気を付ける。
  • 設備のメンテナンス、インターネット等の工事は管理会社に相談する。
  • お庭や駐車スペース、自宅周りのお手入れを行う。

住み替えの予定がある場合は、大きめの家具を揃えると次の住み替え先がマンションの場合、広さを十分に確保できない、空間が狭くなってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、マンションのように上下左右への騒音を気にしなくても良いとはいっても、深夜帯に大きな足音を立てたり階段の上り下りの音など、時間帯や個人差によっては音が響くこともあるので注意が必要です。

車のエンジン音も同様で、実際に住んでいるところでは夜10時を過ぎた後のエンジン音は控えるよう契約書にも記載があります。

設備においては、賃貸マンションと同様で管理会社やオーナーさんの許可なく、キッチンの設備を新しく取り替えたりすることや壁に大きな穴を開けるような工事はできません。

あくまで賃貸物件なので、戸建てだからと購入する場合と同じような自由さはないので賃貸マンションと同じように、設備に不具合がある場合やインターネットなどの工事を行う場合は管理会社にきちんと相談することが必要です。

また、自宅周りのお手入れも防犯面や美観の面でも定期的に行うようにしましょう。

賃貸戸建てでペット可かどうかは大家(オーナー)さん次第

ミニチュアダックス

ここで触れておきたい点が、ペット同居可かどうかを確認するということです。

戸建ての賃貸でもマンションと同様にペット可かどうかは物件によって異なります。

実際に住んでいる戸建ての賃貸物件ではペット同居はできない物件でした。

そのため、管理会社に問い合わせてみたところオーナーさん次第とのこと。

ただ、他の物件でもペット可にしているわけではないので一部の入居者だけに許可してしまうと後でトラブルになる可能性もあるため許可は出ないだろうとの結果でした。

物件によってはペット可の賃貸の戸建て物件もあるので、ワンちゃんや猫ちゃんと同居している方で戸建て物件を探す場合はペット可の条件がついているかどうかを見ることもポイントです。

一戸建ての賃貸はこんな方におすすめ

戸建ての賃貸物件に住んでみてメリット・デメリット面を知ることができましたが、やはり大きなメリットとしてはお部屋の空間にゆとりがあることです。

駐車スペースつきで駐車場代も家賃に含まれているので、車を降りたらすぐ玄関に荷物を運べる、というのはとてもありがたいです。

ですが、あくまで賃貸物件なので家賃を払い続けても自分の資産になるわけではないので、住み続ける場合はその間家賃を払い続けることになります。

こういった面からみて、一戸建ての賃貸物件はこんな方におすすめです。

  • 転勤が多く近いうちに引っ越しの予定がある。
  • 戸建て、マンションの購入予定がある。

転勤の予定がある方で家族が一戸建てに住みたい、という希望から一戸建ての賃貸を選んだ、という方もいらっしゃいます。

また、一戸建てを購入というと少しハードルが上がりますが、賃貸で戸建て物件を体験してみて購入につなげるという方法もありますね。

自身も子どもが幼稚園まではいずれ引っ越しをするかも、という気持ちでいたため賃貸の戸建て物件に住んでいますが、小学校入学を控え、マンション購入を決めました。

戸建て物件に住んでみるとやはり「戸建てが良い」という希望もありましたが、結果としては中古マンションを購入することになりました。

一戸建て賃貸からマンション購入を決めた理由

ここで賃貸の一戸建て物件を体験したのち、マンション購入を決めた理由についてご紹介してみたいと思います。

賃貸の戸建て物件に住んでいますが、マンション購入を決めた大きな理由は4つありました。

  • ペット可の物件に引っ越したい。
  • 子どもが小学校の間は引っ越しを控えたい。
  • 住み替えの予定があるので資産価値の面からマンションが良いと勧められた。
  • 家賃を支払い続けるよりマンション購入の方が売却時有益になる可能性が高い。

戸建て物件を経験し、やはり住みやすいのは戸建て物件かな、と思いますが、先ほどご紹介したように防犯面や家賃を支払い続けることを考えるとマンションも良いかな、という思いも出てきました。

さらに、マンションを選んだ理由には「資産価値の維持」が大きく関わってきました。

中古の一戸建ては住み替え予定なし、リフォーム費用を抑えられるならおすすめ

不動産会社の方とお話している中で、初めは「住み替えの予定があるけど戸建ての中古物件を」と申し出た私に、少し言いづらそうに「ここで大変申し上げにくいのですが、お話を伺っているとマンションの方がおすすめかと・・・」という流れになりました。

なぜ?!と思いつつ、お話を聞いていると、希望エリアでの特徴は主にこのようなポイントがあるとのこと。

  • 住み替えの予定がなく、リフォームをして住み続けるなら中古物件も可。(ただし、リフォーム代金が適正価格であること。)
  • 住み替え時に中古の戸建てを売りに出しても土地代程度の価格でしか売れない。(建物の価値は住み始めから年数を経るごとに下がるため、購入額から建物代を引いた金額でしか売却できない可能性がある)
  • 住み替えを予定しているならマンションの場合、例えば5年後に価値が急激に下がることは想定されないため、購入価格の前後300万円くらいで売却できると考えられる。
  • 結果、中古の戸建てを購入して6年後に売却するよりもマンションの方が資産価値の維持としてはおすすめ。

ということでした。

伺ったお話をピンポイントで記載しているので、考えが違う方もいらっしゃるかもしれませんが、初めは中古の戸建て物件で、と考えていたところ、住み替えの予定を考えると中古マンション購入の方が得策と判断。

中古マンションの購入へと切り替えることにしました。

家賃を2年以上払い続けるとマンション購入の手付金(初期費用)程度になると判断

資産価値の維持、という点だけでなくより現実的な面で見て、このまま家賃を払い続けた場合とマンションを購入した場合とを比較して中古マンションを購入することになりました。

我が家の中古マンションの購入では物件の本体価格のほかに諸費用で約500万円ということで今の家賃を2年以上払い続けることを考えると、今諸費用に充てた方が良いのでは、という考えになりました。

よくよく考えるともっと早い段階(6年前くらい)で判断できれば、という思いもありましたが、今からでも十分家賃を払い続けるよりマンション購入の方が資産として保持でき住み替え時も有益になりそうという結論に至りました。

住み替えの予定がない方は、賃貸の戸建て物件を経験された後、ずっと住み続けるマイホームの購入を検討されるのも良いかと思います。

まとめ

戸建て物件の玄関

賃貸の戸建て物件に住むメリット、デメリットについてご紹介しましたが、大きなメリットとしては設備や居住空間にゆとりがあること、生活音が近隣に響きにくい、採光を取りやすい、といったことがあります。

デメリット面では、お庭のお手入れや寒さ、防犯対策が必要なこと、退去時の原状回復がどのくらいかかるか、ペット可かどうか、といったことが気になるという面があります。

賃貸の戸建て物件はメリット、デメリット面それぞれありますが、やはり実際に住んでみると居住空間にゆとりがあること、生活音を気にしないで済むこと、駐車スペースが専有スペース内にあるのは戸建て物件ならではのメリットですね。

マイホームの購入を考えている方、転勤が多く一時的に戸建ての賃貸物件を探している方に賃貸の戸建て物件は向いていると思います。

物件には様々なタイプがあり管理会社、オーナーさんの意向でペット可といった条件がつくこともあるので、ぜひ希望に合った物件を探してみてくださいね。


↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました