【手軽にママキレイグッズ】有馬温泉で見つけた米ぬかの手作り石鹸と米ぬか袋

子どもとお出かけ 有馬温泉で見つけた米ぬかの手作り石鹸と米ぬか袋
有馬温泉へ子どもとお出かけに、日帰りで温泉に行ってきました。
初めての有馬温泉、どんなところかなと車で向かうと、だんだんと温泉街の雰囲気が出てきてちょっと気分もワクワクしてきます。
有馬温泉には日帰りで温泉に入れるところがいくつかあり、宿泊と日帰りで温泉に来ている人で賑わっていました。
私たちは日帰り温泉で有名な「金の湯」に向かうことにしました。



スポンサーリンク



金の湯には少し高めの温度の温泉とふつうの温度の温泉があり、濁った色が特徴です。
温泉に浸かるとじんわりと身体が温まって、ホッと体がやすらぎます。
ゆったり浸かりながら足を伸ばしてストレッチをしたり、手でお湯をかきわけて少し体を動かしたりしていると体がポカポカと温まってきます。
一度体を流してもう一度温泉に浸かり、体を少し動かしていると体全体がポカポカ温まってきました。
あまり長湯をしてしまうとのぼせてしまうので、20分ほどで上がりました。
子どもとお出かけ 有馬温泉で見つけた米ぬかの手作り石鹸と米ぬか袋
それでも温泉に入った体はポカポカして、体が少し軽くなったような気がしてリフレッシュできました。
ロビーでは瓶のコーヒー牛乳の自販機やお酒、飲み物があるので、温泉に入ってリフレッシュした人がゆったり過ごしていました。
有馬温泉には温泉のほかにも、炭酸せんべいや有馬温泉サイダーといった有馬温泉ならではのおみやげを販売しているお店や、お食事処、コスメや雑貨のお店が並んだ観光スポットがあります。

手作り石けん・雑貨のお店で 手作りの米ぬか石けん&米ぬか袋を見つけました

手作り石けん・雑貨のお店で 手作りの米ぬか石けん&米ぬか袋を見つけました
有馬温泉の観光街を歩いているとコスメ&雑貨のお店を見つけ、何となく入ってみました。
お客さんが何人か入っていたので、どんなものがあるのかな?と見ていると、パッと目に入った「米ぬか石けん」。
米ぬかといえば美肌にもいいと言われているので、米ぬかの手作り石けんを手にしてみました。
無添加石鹸本舗 釜焚き 米ぬか 無添加石鹸
米ぬかの手作り石けん
子どもとお出かけ 有馬温泉で見つけた米ぬかの手作り石鹸と米ぬか袋
ふつうの石けんよりも少し大きめで、価格もリーズナブル、釜焚きの手作り石けんということでお肌にもやさしそうだと思い、1つ買ってみました。

スポンサーリンク


釜焚き 米ぬか 無添加石鹸
無添加石鹸一筋55年の釜焚き職人が昔ながらの製法で焚き上げた石鹸です。
一つ一つ手作業で切り分け自然乾燥で仕上げた本物の手造り石鹸をお楽しみ下さい。
無農薬米ぬか100%使用

無添加石鹸本舗 釜焚き 米ぬか 無添加石鹸 パッケージより
洗い上がりもさっぱり、気持ちよく、米ぬかの大きな石鹸はしばらくお気に入りになりそうです。
また有馬温泉観光街に買いにいきたいと思います。

手作り石けん・雑貨のお店で 見つけた米ぬか袋

子どもとお出かけ 有馬温泉で見つけた米ぬかの手作り石鹸と米ぬか袋
同じく、お店で見つけた「ぬかぶくろ」。
ぬか袋タイプの洗身・洗顔料です。
ぬか袋は手のひらサイズで、お湯につけて使います。
へてから ぬかぶくろ
ぬか袋の使い方はとても簡単で、ぬか袋にお湯を含ませて軽くお肌をなでるように使います。
不要な角質を落としてキメを整えて、くすみ知らずの「ツルスベ肌」にしてくれるそうです。

へてから ぬかぶくろ
ぬか袋タイプの洗身・洗顔料
お湯を含ませて軽くお肌をなでるだけ。
不要な角質を落とし、キメを整えて、くすみ知らずの「つるすべ肌」に仕上げます。

へてから ぬかぶくろ パッケージより
子どもとお出かけ 有馬温泉で見つけた米ぬかの手作り石鹸と米ぬか袋
お風呂で湯船に浸かりながら顔や腕、手の甲、首回りにすべらせて使っています。
このぬか袋は香りも良く、お香のようなあたたかみのある香りがします。
ぬか袋を初めて使ったのでお香のような香りが米ぬかそのものの香りか分からないのですが、このぬか袋のお香のようなあたたかみのある香りはとても気に入っています。
おみやげに、自分用におすすめの米ぬかの手作り石鹸と米ぬか袋です。

エスティーローダーの人気のメイクアップアイテム、ダブルウェアファンデーション。
メイクが崩れにくいファンデーションということで、ダブルウェアを選ぶ方も多いそうです。
仕事をしていた頃から子育て中の今も、ずっと使っている使い心地◎のリキッドファンデーションです。

【あす楽】【ポンプ付・限定】エスティローダー ダブル ウェア
#62(クール バニラ)
ステイ イン プレイス メークアップ
ポンプセット [ リキッドファンデーション ]
エスティーローダー


スポンサーリンク



↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました