めだかが産卵しない原因とは?産卵しないときに実践した方法

未分類

めだか飼育を始めて約2年、初めてめだかが産卵して稚魚を見たときはとても感動でずっと見ていても飽きないほどでした。
それからヒーターを入れていたこともあり年間を通して産卵し、特に3月~8月頃の暖かい時期にはよく産卵していました。

しかし、2020年に入ってから5月頃までまったく産卵しない状態が続きました。
産卵しないのはなぜなのか?産卵床が合わないのが原因?水温が下がってる?などいろいろ考えている中、6月頃にたくさんの卵を産卵するようになりました。
このときに試した方法や考えられることについてご紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

メダカが産卵する条件

メダカが産卵する条件については一般的にこういったことが挙げられます。
●水温が20度以上(18~26度)を保っている。
●日照時間の長さが13時間以上ある。
メダカが産卵するのは暖かい時期が多いですが、水温が大きく関係しているようです。
さらに、日照時間も暖かい時期は長くなるので日照時間も1日13時間以上になるように水槽用のライトを設置するなどして13時間以上を保てるようにしてあげると産卵しやすくなります。

メダカが産卵しない原因

メダカが産卵する条件から見てメダカが産卵しない原因について見てみるとこういったことが考えられます。
●水温が低い、ヒーターが壊れている。
●日照時間が短い、暗い場所に設置している。
メダカは水温が20度前後あるとき、日照時間が13時間以上あるときに産卵しやすくなりますが、エアコンの温度の影響を受けて水温が低くなったり、設置しているヒーターが壊れているときも産卵しにくくなると考えられます。
また、日照時間もポイントになるので暗い場所で飼育している場合はライトを設置するといった対策を取ると産卵するようになるかもしれません。

産卵したときに試した方法

medaka-matsumo.jpg
メダカが産卵する条件と産卵しない原因から見て、水温面はヒーターを設置し、日照時間については水槽にライトを設置しているのでクリアしている状況でした。
この状況で産卵するようになったときに試した方法にはこういったことがあります。
●水草を入れる。(マツモなど産卵しやすいもの)
●産卵用のフードに変える。
メダカが産卵するときは産卵床や水草といった産卵できる環境を整えてあげることは大切です。
できれば産卵床だけでなくマツモといった卵を産み付けやすい水草を入れてあげるのも効果的かと思います。
また、今回大きなポイントとして考えられるのは「産卵用フードに変えた」ということです。
今年に入ってフードを変えていたのですが、なかなか産卵しなかったのはこれも1つの原因に当てはまるかと思います。
ホームセンターでたまたま目にした産卵用フードを試しに使ってみたところ、メダカが産卵して稚魚が大きく成長しました。

環境を整えても産卵しないときは産卵専用フードを試してみる

産卵しないと思ってから思い当たる大きな変化としては、フードを変えたということでした。
実際に試したフードはこちらのテトラの産卵用フードでした。
medaka-sannrann02.jpg
水温、日照時間、産卵床や水草などメダカが産卵しやすい環境を整えてもなかなか産卵しないというときは、フードを産卵用フードに変えてみると産卵するようになるかもしれません。
ぜひ参考にしてみてください。


↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました