幼児の英語教育は意味がない?無駄?英語プリスクールに通って分かった習得するために大切なこと

▼1日7分!3つのしかけで「バイリンガルスイッチ」が自然に入る!英語学習を習慣化▼



【最新学習法!】世界の七田式メソッドを取り入れた話題の英語教材!

子供の英語教育は意味ない?無駄?
幼児から始める子どもの英語教育に意味がないのでは?無駄なのかな、とためらってしまうこともあります。
本当は通わせたい、英語学習を始めたいと思っても、将来きちんと身につくのか?効果はあるのか?といったことが気になってなかなか1歩踏み出せないということは誰でもあります。
私も元々は子どもに小さいころから塾や習い事に通わせるのは正直どうなのかな?と思う方でしたが、子どもを2歳から英語プリスクールに通わせています。
実際に幼児英語のプリスクールに通わせてみて思ったことは「幼児期の英語教育は積極的にやっていきたい!」ということです。
ここでは、英語を習わせ続けたい理由、将来身につけらるために心がけたいことについてご紹介していきます。





英語プリスクールに通ってみて

子どもが2歳になったばかりの頃から英語プリスクールに通うようになりました。
プリスクールでは1歳半から通えるところもあり、早い時期から英語学習をしているお子さんもたくさんいます。
2歳0か月から通い始めて約2年半、4歳になった息子はイラストと単語を見て上手に発音できるまでに成長しました。


ここまで頑張ってくれている息子を見ていると、「英語教育は決して無駄ではない」と思います。
また、この他にもスクールで過ごす間の会話も英語で行うことが増えているようです。
例えば、
May I play now please?(今から遊んでいいですか?)
Yes,you may.(いいですよ)
といった言葉を家で過ごしているときも話すようになりました。
幼稚園に4月から入園しますが、幼稚園はインターナショナルスクールではなく普通の幼稚園に通うので、幼稚園に入園した後も続けて今と同じ英語スクールに通い続けようと思っています。
実は、英語教育はこのように「継続すること」が大切といわれています。
後ほど、詳しくご紹介していきますので参考にしていただけたらと思います。

1歳半からママと離れるのは少し心配だけど大丈夫?

2歳になったばかりの子どもをプリスクールに通わせるようになったとき、とても感じたことでした。
子どもにできるだけ早く英語に触れさせたい、習得できる環境をもちたい、と思う半面、まだ小さいのに一人でスクールで過ごさせるのはどうなのかな、一緒にいられるなら無理に通わせない方が良いのでは・・・と思うこともありました。
そんな時、先生の「慣れればみんなで楽しく過ごせるようになりますよ」とアドバイスをいただいたことで、心配な気持ちも少し和らぎ、少しずつ頑張ってみようという気持ちになりました。
初めはママと離れるのが寂しくて泣いてしまう子もたくさんいます(というか、ほとんどそうなのだそうです)が、慣れていくと同時に楽しく遊んだりラーニングタイムを過ごせるようになるので、極端に心配しなくても大丈夫です。

慣れるとお友達と楽しく過ごせるようになる

先生は、「慣れるとみんなで楽しく遊んだりラーニングタイムを過ごせるようになる」「初めはみんな泣いてしまうけど大丈夫」と心配な気持ちを受け止めながらサポートしてくださり、徐々にお友達と楽しく過ごせるようになりました。
初めは大泣きしてお迎えのときは先生と手をつないで外でお迎えを待っていた子どもですが、少しずつお友達とお話ししたり一緒にお迎えを待つようになりました。
初めはママと離れるのが寂しくて泣いてしまう、なかなか離れられない、といったことがあっても少しずつ慣れていくにつれて楽しく過ごせるようになるのでまずは様子を見ながらゆっくり慣れていくように見守ってあげてください。

英語を身につけるために必要な習慣

プリスクールに通っているから、と安心してしまいそうになりますが、英語を身につけるためにはやはり「触れる時間」が大切で、スクールだけでなくおうちでも触れる時間を持つようにしたいところです。
英語を身につけるために心がけたい習慣をご紹介します。

家でも英語を話す習慣を持つ

スクールだけでなくおうちでも簡単な英語を話す習慣を持ちましょう。
●幼児向けの絵本
●簡単な単語や会話
幼児向けの絵本は日常生活でも取り入れやすい単語や会話が載っているのでおすすめです。
おうちの方が英語ができなくても、片言の英語でも良いので、おうちでも触れることを心がけましょう。

幼少期だけでなく小学校に上がってからも学習を続ける

プリスクールに通っていた、幼児英語の教室に通っていた、でも今は何も覚えていない、という声をよく聞きますが、英語学習をやめてしまうと覚えたことも少しずつ忘れてしまうので、「やめてから忘れてしまった」というのはごく自然なことです。
習い事として幼児期に英語学習を始めたら、小学校に入ってからも続けて通うことで英語を学ぶ習慣ができるので、少しずつレベルアップしていくこともできます。
幼少期に英語学習をしている方はぜひ小学校に入ってからも継続してあげたいですね。

幼稚園に入ってからも英語学習を続ける

プリスクールに通っていて幼稚園に入るといろいろ忙しくなるからと英語学習をやめてしまうこともありますが、幼少期に学習していたからといって学んだことがずっと残るというわけではないので続けて学ぶことが大切です。
また、プリスクールだけ通って幼稚園に入園すると同時にやめてしまうと、幼稚園で日本語だけに触れる時間が多くなり、その分せっかく覚えた英語も少しずつ忘れていってしまいます。
プリスクールで英語学習をしていた方は幼稚園に入ってからもぜひ続けてみてほしいと思います。

子どもの脳は言葉を吸収しやすい分、覚えたことを忘れていくスピードも速い

幼稚園に入ると言葉の量が増えると同時に、日本語に触れる時間の方が圧倒的に多くなるので、脳が言葉をたくさん吸収しようとする分、覚えた英語も忘れやすくなります。
子どもの脳は言葉を吸収するスピードも速いですが、覚えたことを忘れていくスピードも速いといわれています。
幼稚園に通い始めるとお友達と遊ぶ時間が増え、その分言葉の発達もぐんと著しく進んでいくので、英語学習も継続して行うようにしたいです。

幼児英語は続けることによって意味がある

プリスクールに通って分かったのは、幼児期に学んだ英語は触れ続けることで身につけることができる、ということです。
先生のアドバイスから見ても「おうちでも話して」「絵本を読んで」ということ、幼稚園に入ってから、小学校に入ってからも英語学習を続けることで身につけられるということが分かりました。
幼児期に英語学習をしていたから話せるようになる、ということではなく、英語に触れることを継続することで話せるようになるんですね。
プリスクールに通って分かったことから、ぜひ、これからお子さんに英語を学ばせたい、触れる機会を作りたい、と思っている方には幼稚園、小学校に入ってからも続けて英語に触れることをおすすめしたいと思います。

幼児英語は必要?決め手は「どれだけ納得できるか」

幼児の英語教育については個人で考え方に大きな違いがあり、「幼児英語、子ども英語は早い時期から必要か、必要でないか」の議論はいろんなところで起こっています。
幼児期の英語教育は「まず日本語(母国語)をきちんと学んでから」「大きくなったら忘れてしまうから意味がない」などいろんな見方があります。
どちらの考え方もきちんとした理由があるので、一概に「どちらが正しい」といえないところもありますが・・・
考えた結果、要は「両親や周りの大人がどこまで納得するか」なのだと思います。

納得して子どもが楽しく通っているならそれでいい

「こうしてあげたい」「こうしたらいいのでは?」と思って納得して通わせて、子どもが楽しく過ごしているのであれば基本的にはいいということです。
ここでは、実際に子どもを2歳から英語プリスクールに通わせてみた経験から、「英語教育を始めてみて良かった」と思ったことについてお話してみたいと思います。
これから幼児英語を習わせようか、プリスクールに通わせようか、迷っている方の参考になればと思います。

幼児英語に興味を持ったのは出産してから

今、3歳の子どもをプリスクールに通わせていますが、当の私はというと英語はまったく話せませんし、勉強も得意な方ではありませんでした。
むしろ、勉強は苦手な方だったので教育において勉強が全てだとは思っていません。
私が子どもを出産するまでは「子供英語」「幼児英語」について全く知識もなく、関心もそこまでありませんでした。
勉強に苦労したのでなんとなく「自分に子どもが生まれたら、できる限りの教育は受けさせてあげたい」と思う気持ちはあったので「自然に身につけられるように」と2歳から英語プリスクールに通わせたいと思うようになりました。
ここで「教育に力を入れたいと思っている?」と思われるかもしれませんが、有名私立幼稚園や小学校、中学校に関心があるわけでもなく、幼稚園、小学校にこだわりがあるわけでもありません。
ですが、英語については小さいころから触れさせたいという思いがあり、子どもが生まれて2歳になるころから「できるなら幼児期から英語に触れさせてあげたい」という思いが強くなりました。

2歳の子どもになぜ英語教育を?

なぜ英語にこだわるのか、それは英語は仕事でも必要なスキルとなる可能性が高いと考えたからです。
ビジネス英語、日常会話、英語でコミュニケーションを取れるスキルは今要求される職種が増えています。
英会話スキルを持っている方がいいのでは?と思い、できるだけ早い時期から子どもに英語に触れる環境をと思ったきっかけとなりました。
自分が苦労したことを考えて子どもには「英語教育は早いうちから触れさせることが大事」と思い、プリスクールへの通園を検討しました。

幼児英語のプリスクールの探し方

2歳になる頃に「さぁ、スクールを探そう」とポスティングされていたチラシやネットでスクール探しを始めました。
プリスクールは自宅の周りに数件あり、幼稚園のような大規模なスクールから1日数時間程度のスクール、個人で少人数のスクールなど、規模もさまざま。
意外とあるんだなぁと感じたのが正直なところです。

費用はスクールの規模によってさまざま

費用もそれぞれで幼稚園規模のスクールは、
入学金
授業料
スクールウェア代
給食費
などなど、普通の幼稚園に通わせるのと同じくらいの準備用品と費用がかかることが分かりました。
周りにはそういったプリスクールに通わせている人もいましたが、子どもも続けられるかどうか分からないと思ったため、少人数制のプリスクールを選ぶことにしました。
ここで今のプリスクールを選んだ理由についてお話ししたいと思います。

英語プリスクールを決めた4つのポイント

英語プリスクールは大規模なところから少人数制のところまでたくさんありますが、どこが合うかや好みは個人で違うので「どんなところが良いか」「重視するとこはどこか」を決めておくと良いです。
初めは「どこが良いのー?」とプリスクールを調べて候補を3校に絞り、最終的に今のスクールに決めました。
今では2年が経ち、スクールにも慣れて先生達とも楽しく過ごしている様子が分かり、おうちでも「I know」「Excuse me」「Power」などの英語を話すようになりました。
これから子どもの話した言葉を一緒に使って、学んだことを身につけられたらと思います。
ここでは、私が今の少人数制のプリスクールを選んだ理由について4つご紹介していきたいと思います。

プリスクールの決め手①規模だけでなく、きめ細かい対応力

子どもが続けられるか分からないので少人数制のところで予算内で・・・とプリスクールを決めましたが、決め手はそれだけではありませんでした。
やはり大きな決め手となったのは迅速できめ細かい「対応力」でした。
大規模のプリスクールでは、インターネットで資料請求と体験入園の日程調整の希望を伝え、その後電話で日時調整、とありましたが申込後数日間何の連絡もなく・・・
「勘違いだったかな?」と思っていたところ、申込みから1週間後に郵送でスクールの資料が送られてきました。
資料が来た時にはすでに現在通っているスクールの体験と申込が終わっていたので迷うことはありませんでしたが、申し込み後の流れがスムーズかどうかも判断するポイントとしてみておくと良いでしょう。

プリスクールの決め手②先生の人柄・雰囲気

現在通っているスクールの先生は、問い合わせ後にすぐメールで返信をくださり、日程調整もすぐ対応してくださりました。
ホームページから申込み、申し込み後しばらくするとメールで連絡が来ました。
申込みから体験入園の日程調整、体験入園から説明まで丁寧に対応してくださったので、「ここにしよう!」と決めました。
日本語より英語がメインの先生ですが、分からないところは身振り手振り、私も一緒に身振り手振りしながらお話しして、スクールでの1日、子どもたちの様子をDVDで見せてくれました。
先生の人柄にも何となく信頼が持てたので、「ここならいいかな!」と納得して決めることができました。

プリスクールの決め手③子どものペースで進める雰囲気

親子で体験の時間は30分くらいでしたが、まだ2歳になったばかりの息子。
たくさんのお友達に興味はありつつも普段と違う雰囲気に興奮と緊張で私に抱き着いたままなかなか離れようとしません。
おやつの時間に参加しましたが、うまく参加できなくても先生は「OK、OK、みんな初めはそうだから安心して」と無理に参加させようとせず、子どものペースに合わせて対応してくれました。
子どものペースを大事にしてくれてるんだなと感じた時間でもありました。

プリスクールの決め手④他の子どもたちの雰囲気

体験入園での先生の対応する雰囲気ももちろんですが、何より実際に通っている子どもたちの表情や雰囲気が参考になりました。
体験に行くと初めての場所に緊張気味の私と息子。
靴を脱いで中に入ろうと用意していると、ニコニコと笑顔で近づいてきた男の子がいました。
その子の表情を見て「きっと楽しいんだろうな」と感じました。
遊ぶときも子どもの好きな遊びを先生が一緒にサポートして遊んでくれます。
やはり少人数で見てもらえるメリットはここにあるかな、と思った場面でした。
そのとき笑顔でやってきた男の子は今もスクールに通っていて、顔を合わせると笑顔でご挨拶してくれて、同じ日には一緒に遊んでいるようです。
子どもたちの雰囲気も大事だと思います。

大きなポイントは「先生の人柄・雰囲気」と「子どもたちの雰囲気」

今のプリスクールに決めた大きなポイントはやはり、実際に教えていただく先生の雰囲気と実際にスクールで過ごしている子どもたちの様子、雰囲気でした。
実際に見学に行くというのは、こういった面がリアルに見えるところがメリットですね。
先生が子どもたちのペースに合わせて接する姿や子どもたちが過ごしている雰囲気を見て、「子どもにもこんな雰囲気の中で過ごさせたい」という思いから決めました。
スクール選びのポイントは人それぞれで異なる部分もありますが、やはり先生の雰囲気や子どもたちが実際に過ごしている雰囲気はとても参考になりました。

幼児英語、子どもの頃だけ学ばせるのは効果がない?

子供の英語教育は意味ない?無駄?
プリスクールに通うようになってから、お迎えのときに先生とお話しすることがありますが、先生からはよく
「おうちでも聞かせてあげてください」
「英語は習慣が大事。繰り返し聞かせることで自然に話せるようになるので、ぜひおうちでも聞かせて」
と言われるようになりました。
要は「日ごろから英語に触れさせる習慣をつけることが大事」なのだそうです。
子供の英語教育の中でよく言われているのが「小さいころに通わせていたのに、中学生になっても英語の成績が伸びない」ということがあります。
中学生だけでなく、小学校、高校の場合もありますが、「小さいころに通わせていたのに」と成長して英語の成績が伸びないことで
「あまり意味がないんじゃないか」
「無駄だったのでは」
と思うケースが多いのは「継続すること」が難しかったから、ということも理由にあるのかなと思います。
私も「幼児英語で教室に通っていれば、耳から聞いた英語が残って大きくなってから英語の成績が良くなるのでは」と思っていました。
今子どもが英語プリスクールに通うようになって、幼児の英語教育で大事なことは「継続して触れさせてあげること」だということを先生から学ぶことができました。

幼児の英語教育は「継続」が大事

子供の英語教育は意味ない?無駄?
このようにプリスクールの先生から
「子供の英語教育は継続することが大事」
ということを教えていただき、日常から使える英語をお迎えのときに教えてくれたりします。
英語プリスクールではCDや絵本の貸し出しも行っていて、毎週新しい絵本やCDを一緒に持ち帰るように持たせてくれます。
英語プリスクールで学んだことや触れたことを自宅でも楽しめるようにという先生の配慮でそのようにしてくれているようです。
絵本はなかなかゆっくり読んであげる時間がないのですが、CDはかけてみると、英語プリスクールで遊んでいるのと同じように子どもが踊ったり歌ったりしているのを見て「いつもこうして遊んでいるんだな」とスクールでの様子を知ることができます^^
プリスクールで学ぶだけでなく、
自宅でも英語に触れる環境を作ってあげる
幼児期だけでなく継続して行うこと
が大切なのだということを実感できた気がします。
子どもの英語教育で「意味がない」「無駄なのでは」と言われるのは、幼児英語を学ばせて小学生、中学生になって英語教育に触れさせるのをやめてしまうことも1つの理由にあるということなんですね。

おうちで楽しく読める0~3歳児向けの英語の絵本から始める

難しい英語の本よりも初めは一緒に読める0~3歳児向けの絵本から始めてみるといいそうです。
日常の身近なことをかわいいイラストと英語で書いてあるので、子どもも親しみやすく親子で楽しみながら見ることができます。
いつもの絵本と同じように一人で読んだり、一緒に読んだりしてあげるといいですよ♪とプリスクールの先生からもアドバイスをいただいています。

幼児期だけでなく成長段階で身近に英語に触れる環境を

子供の英語教育は意味ない?無駄?
子供の英語教育では、幼児期に英語に触れさせるだけでなく、小学校に上がってからも何かしらの形で英語に触れさせることで、英語教育の成果が出てくるということのようです。
実際に、今は英語プリスクールに通っている子どもですが、4歳からはプリスクールは卒業になります。
そして、プリスクールコースから1つ上の段階へ上がるようになりそれ以降も続けて英語に触れる場面を作ることができるようになっています。
これは必須ではありませんが、希望する場合はプリスクール以降も引き続き別のコースで通園することができるようになっています。
先生いわく、8歳くらいで英検5級、4級くらいを受検する子が多いのだそうです。
小学校低学年で英検5級を受検か・・・と英検にあまり縁のなかった私も、「続けること」の大切さを先生のそういったお話の中で感じます。
逆にいえば、幼児期から継続して英語に触れる機会を持っておくと、1つずつステップアップしていくことができるということなんですね。

家庭内だけでなく外で英語に触れる習慣を持つ

英語力を身につけるために、家庭内で日常言語が英語の人がいれば自然と身につけられるかもしれません。
でも、私はそうではないし、家族の中にも日常会話が英語の人はいません。
英語を話す機会を作ってあげることで、英語の意味やどんな場所で使う言葉なのかといったことを感じながら英語を学ぶことができます。
勉強として家庭で触れるのと、外で会話として触れるのと、やはり両方の方法が必要なのかなと思います。
そういった意味でも、プリスクールで定期的に外で英語に触れる、先生と英語でコミュニケーションを取ることは良いことだと思います。

幼児英語は絵本やCDで日常から「楽しく」英語に触れる♪

子供の英語教育は意味ない?無駄?
先ほど、英語プリスクールの帰りに絵本やCDを貸し出してもらっているというお話をしましたが、幼児期の英語教育でまず大事なポイントに「楽しく学ぼう!」ということがあります。
英語プリスクールに通わせているので、初めは慣れなくて泣きながら通っている姿を見ると「このままでいいのか」「大丈夫かな」と心配になったり、無理やり通わせるのは・・・と思われるところもあると思いますが、今では他のお友達と遊ぶのが楽しいようで、毎回楽しく通うようになりました。
先生の英語教育の方針で共感できるところが「楽しく過ごそうね!」「楽しく遊ぼう!」というところが共感できるところで、絵本やCDで「楽しみながら」英語を学ぼう!というところも共感できるところです。
自宅でも英語プリスクールで聞いた英語やリズム遊びを楽しそうに踊っている様子を見ていると、楽しんで通っているんだなと感じることができ、親としても嬉しく思います。
テンションの上がるダンスのときには「おかっしゃん、おかっしゃんも!!」と私の手を引いて一緒に踊ろう!と誘ってきます^^
そして、両手をつないでくるくる回ったり足をぴょこぴょこ動かしたり、楽しそうに踊ります。
おそらく、そうやって英語プリスクールでも先生たちと一緒に踊っているんだなと思いながら、楽しそうにはしゃいでいる子供を見て、嬉しく思う時間でもあります。

まとめ:幼児の英語教育は「継続」することで成果につながる

子供の英語教育は意味ない?無駄?
幼児期からの英語教育で「意味がない」「無駄なのでは」と思われることには「継続すること」が大事とお話ししましたが、英語プリスクールの先生が方針として大切にしている「継続することが大事」ということは、せっかく幼児期に学んだ英語教育をその後に活かしていくうえでとても大切な要素だと思います。
子供の頃の記憶は成長していくごとに薄れていくものなので、2歳、3歳で英語を学んでいたとしてもその後続けなければ記憶が薄まっていくのはごく自然なことです。
逆に、英語教育や英語に触れる機会を持つことを続けていくことで2歳、3歳で学んだ英語をさらに伸ばしていくことができるということでもあります。
ですので、せっかく2歳、3歳で幼児英語や子供英語の教室で英語に触れる機会があったなら、ぜひそのあとも何かしらの形で英語に触れる場面を作ってあげて、さらに伸ばしてあげる機会を活かして英語力を伸ばしていけたらいいですね。

幼児英語は無駄だった、で終わらせないために続けたい「英語に触れる習慣」

私の子供もまだ通い始めて約1年経たないくらいですが、面白いことに
「Yellow」
「Green」
「Blue」
「Yummy」
「More」
「Please」
「May,I~」

などなど、家でも英語プリスクールで触れている英語を言うようになりました。
うちのミニチュアダックスのReeくんにもおやつをあげるとき、
「May I おやつ Please」
と言ってからあげるようになりました。
Reeくんの両手を持って「May,I~」という姿は、英語プリスクールで学んだことを披露してくれる場面でもあり、Reeくんにとっては「早くちょうだいよ」というところですが、私も嬉しい気持ちでそんな様子を眺めています。
幼児期からの子供英語教育は「継続」が大事で、「意味がない」「無駄なのでは」ということはなく、英語に触れる機会を継続してもつことで英語力を伸ばしていくことができるのではと思います。
関連記事
楽しく歌おう♪幼児から小学生まで楽しめる英語の歌おすすめ動画6選
幼児英語のおすすめ教材、書店で買える市販の「mpiのはじめてのえいごシリーズ」
▼1日7分!3つのしかけで「バイリンガルスイッチ」が自然に入る!英語学習を習慣化▼



【最新学習法!】世界の七田式メソッドを取り入れた話題の英語教材!


スポンサーリンク


↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました