SMSで荷物の不在通知、アプリインストールでスマホ乗っ取り詐欺も?URLが記載された偽メールに注意


あなたの趣味や生活に役立つ情報も【スマートニュース】

自宅で過ごしていたのに、SMS(ショートメッセージサービス)に「不在通知」が届いたことがある、もしくは今届いた、という方もいらっしゃるかもしれません。

私もある日初めてSMSに「不在通知」が届いたのでちょっと不思議に思い調べてみました。
届いた文面はこういったものでした。

↓↓

お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご確認ください。

↑↑

文章の終わりには偽サイトへのURLが貼ってありました。

初めは「何か頼んだかな?」「家族が頼んだものが届いたのかな?」と思いましたが、よくよく考えると「ずっと家にいたのになぁ」と思い、調べてみると偽サイトへの誘導されるメールだったことが分かりました。

ここでは、一見分かりにくい偽サイトへ誘導する迷惑メールに慌てず対処する方法について見ていきたいと思います。


心当たりのないメールに書いてあるURLはすぐに開かない

宅配サービスは身近なものなので、ついこういったメールが届くと開いてしまいがちで記載されているURLを開いてしまいそうになりますが、心当たりのないメールには警戒しておきたいところです。

特に、URLが記載されている場合は安全性が確認できるものだけチェックし、心当たりのないものは絶対に開かないようにすることが大切ですね。

偽サイトへのURLを開くとどうなる?

偽サイトへのURLを開くと特定のアプリのインストールを指示され、インストールしてしまうとスマホや携帯端末の情報が漏洩、スマホが乗っ取られてしまうこともあるようです。

インストールさせる手口にはいろんな手法があり、違和感なくインストールさせてしまうパターンもあるので注意したいですね。

メールを開いただけだけど大丈夫?

偽サイトへの誘導のメール(SMSなどに届いたメール)を開いてしまったけど、情報が漏れてない?大丈夫?と心配になることもありますが、基本的にはメールを開いただけでは被害に遭うことはないようです。

URLをクリックする、さらにURLを開いた先でアプリなどをインストールすると端末の情報が洩れてしまう、といったことが多いので開いただけの場合は問題ないことが多いです。

変なメールを開いてしまったけど心配、という場合は周りに相談

心配な場合は一人で考え込まずに周りの家族に相談する、または携帯電話ショップに相談、サービス名が書いてある場合は信頼できる問い合わせ先(※)で問い合わせてみると良いでしょう。
※公式サイトなどの問い合わせ先

メールに問い合わせ先として書いてある番号やアドレスには問い合わせないことが大切です。


あなたの趣味や生活に役立つ情報も【スマートニュース】

偽サイトの被害に遭わないためにできること

偽サイトへ誘導されて特定の口座に入金を促されたり、端末情報が洩れてしまうといった被害がありますが、こういった被害を防ぐためにはこういったことがポイントになります。

  • 心当たりのないメールはすぐにURLを開いたり返信したりしない。
  • 不審なメールが来たら周りに相談する。
  • 文面に書いてあるキーワードをネットで検索してみる。

ネットで調べてみると同じようなメールが届いたという方がたくさんいる場合もあり、被害を未然に防ぐこともできます。

自分ではよく分からない、という場合は周りに相談してみるのが良いですね。

まとめ

私も以前、母から「こんなメールが届いたけど」と相談されましたが、利用料金を滞納している、法的手段を取ります、といった焦燥感をあおるような内容が書いてありました。

ですが、同じようなメールを私も受け取ったことがあり、内容をクリックしたり返信も何もしなくて良いと伝えると安心してくれたようでした。

携帯端末を使った偽サイトへの誘導はいろんな手口があるので、まずは慌てずに心当たりがあるかどうか考えてみる、不安な場合も家族や公式・正規の企業の問い合わせ先に問い合わせてみるといった冷静な対応が大切です。

偽サイトへ誘導する迷惑メールはこれからも様々な方法で送られてくる可能性があるので、もしものときは冷静に対応するように気を付けたいですね。


↑TOPへ

タイトルとURLをコピーしました