クレジットカードの利用限度額の一時引き上げは何回まで?できない場合の理由と対策

クレジットカードとタブレット端末 クレジットカード

クレジットカードを使っていると今月だけ出費が多くなった、一時的に大きい金額のお買い物や出費がある、といったとき、限度額以上になってしまうことがあります。

そんな時でも限度額を一時的に引き上げることでクレジットカードを使えるようになるのでとても便利です。

また、一時的にではなく限度額の引き上げを申請することもできます。

しかし、限度額の一時引き上げ・引き上げ申請を行っても審査に通らない、落ちてしまうこともあります。

ここでは、体験談も含めてクレジットカードの一時引き上げ、審査に通らない場合の理由と対策をご紹介したいと思います。

クレジットカードの限度額の引き上げ申請方法

クレジットカードの利用限度額引き上げの申請方法にはこのような方法があります。

  • アプリ・ネットから申請する。
  • カスタマーサービスに電話して申請する。

最近ではアプリやネットから簡単に手続きも可能なのでとても便利ですね。

申請にかかる時間

申請にかかる時間はネットやアプリから行う場合は早くて約3分、電話の場合は通話がつながってから約3分程度なので、利用状況や審査に問題がなければすぐに限度額を引き上げてくれます。

利用予定が分かっている場合はできるだけ早めに申請しておくと安心です。

限度額の引き上げに通らない主な理由

限度額の引き上げを申請してもすべての方が引き上げ対象となるわけではなく、利用状況や登録情報をもとに審査が行われます。

審査に通過された場合、限度額の引き上げが可能となります。

限度額の引き上げに通らない主な理由にはこのようなポイントがあると考えられます。

  • 一時引き上げを続けて2回以上行っている。
  • 勤務先登録がないため引き上げができない。
  • 学生本人からの申請。
  • 利用目的が規約に沿わない場合。

参考までに、三井住友銀行のWebサイトではこのように記載されています。

<利用枠の引き上げをお申し込みいただけないケース>

以下の場合は、カード利用枠の引き上げをお申し込みいただけません。

・海外からの留学生

・一定期間に連続して一時的な引き上げを実施している場合

・一時的な引き上げにおいて、目的が商品の仕入れや営業目的の立て替え利用である場合

三井住友カード「Q.限度額の引き上げができません。どうすればよいですか?」

続けて2回以上一時引き上げを利用している場合

急な出費や今月だけ限度額を引き上げたい、というときに便利な限度額の一時引き上げですが、利用段階ですでに続けて複数回限度額引き上げを利用している場合は続けての一時引き上げができないことがあります。

  • (前々月)→ 一時引き上げ申請通過
  • (前月) → 一時引き上げ申請通過
  • (当月) → 一時引き上げ申請却下

※前月・前々月にすでに続けて申請しているので審査に通らない、ということになります。

この場合、一時引き上げではなく継続的に限度額の引き上げ申請を行うと限度額を上げてもらうことが可能ですが、支払い計画を立てて無理なく利用を続けることができるかを考えてから引き上げ申請を行うことをおすすめします。

学生・未成年の場合、ショッピング以外での利用

限度額の引き上げは学生や未成年の利用者からは申請ができないことがほとんどです。

この場合は保護者からの申請が必要となるので利用するカード会社で所定の手続きを行うことになります。

また、カード会社の利用規約によってはショッピングなどで一時的に引き上げをする場合はOKでも仕入れなどで利用する場合は審査に通らないことがあります。

利用額の一時引き上げではネット・アプリ、電話のいずれでも引き上げの理由を伝える必要があるので利用目的によっては一時引き上げが利用できないこともあるので注意しましょう。

一時引き上げ・審査に通らない場合の対策

一時引き上げ、継続的な利用額の申請の審査に通らない場合、どのような対策が取れるのかについてはこのようなことが挙げられます。

  • 電話で申請してみる。
  • 勤務先、年収の登録を行う。
  • 数か月間引き上げ申請を控える。
  • 学生・未成年の場合は保護者に申請してもらう。
  • アプリのチャットサービスで相談する。

ネットやアプリで申請を行った場合、電話で直接相談してみると申請を受け付けてくれる可能性もあります。

勤務先の登録、年収情報が未登録だったり更新されていない場合は審査が通らなくても後で登録を行うことで申請を受け付けてくれる可能性もあるので問い合わせてみると良いでしょう。

また、一時的な限度額引き上げを続けて2回以上利用している場合は、2か月ほど間をあけると再び申請してみると良いでしょう。

最近ではアプリやネットからチャットサービスで会話形式で相談できるカード会社もあるので、電話での申請がしづらい方はチャットサービスを利用するのも1つの方法です。

限度額の引き上げが初めての方は電話で相談すると利用しやすい

限度額の引き上げ申請が初めてという方は、ネットで入力項目を見ても、

  • どのくらいの金額を引き上げられるのか
  • 理由はどう入力したら良いか
  • 引き上げの期間(一時引き上げの場合)はいつまでに設定したらよいか

といったことで悩んでしまい手続きが進まないこともあります。

クレジットカードのカスタマーサービスでは、限度額の引き上げについて相談を受け付けてくれるので、一時的な引き上げをするのが初めて、継続して限度額を引き上げたいけど審査が気になる、という方は一度電話で相談するのも良いでしょう。

一時的な引き上げでは、引き上げ期間はどのくらい設定すれば良いか、といったこともアドバイスをいただけるので、当初設定しようと思っていた日にちよりも少し長めに設定することができ助かったということもありました。

クレジットカードは使いたいときに使えない、という状況になると大変なので、限度額の引き上げ申請が初めての方、手続きや利用期間を相談したい方は電話で相談してみると安心して利用できるのでおすすめです。

まとめ

クレジットカードでは利用限度額が設定されているので、大きな買い物や一時的な出費等で一時的に限度額を引き上げたいときに限度額の引き上げを利用することができます。

ですが、一時引き上げや継続的な限度額引き上げの申請のどちらでも、限度額を上げるためには所定の審査があり、利用状況や登録情報によっては引き上げ申請が通らないこともあるので注意が必要です。

対策としては、勤務先や年収情報を登録する、すでに一時引き上げを続けて利用している場合は期間を開けて申請してみる、電話で相談してみる、といった方法があります。

しかし、クレジットカードの利用は相互の信用によって利用できるので無理に審査を通してほしいといったことは控えたいですね。

利用額を一時的に引き上げたり、途中から継続的に限度額を引き上げることができるのはとても便利ですが、支払い能力を超えて利用するのは避けたいところ。

クレジットカードを利用する際は支払い計画を立てて無理のない利用をこころがけていきたいですね。

↑TOP

タイトルとURLをコピーしました